「無謀」と書いて「おバカ」と読む

おバカな狩人の挑戦日記です。

プロフィール

無謀な狩人

Author:無謀な狩人
「MHF」
で、無謀な狩りしてます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

MHF

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

属性は大事だよ!

 
mhf49.jpg 

 前回の取材でリハビリ終了と言っていた半兵衛氏だが、今回は当初から行くつもりだったというミラボレアスに挑むというので密着させていただいた。
 シュレイド城に向かう前に武器の調整をするため、BOX内でのチェックをしていたというが、ここでハプニング発生。
 本来持っていくはずだった【シスネダオラⅡ】を装備する予定だったが、間違えて【リンクジャンクソン】を装備してしまったようだ。
 討伐終了後、「少し慌てていたから間違えちゃったよ。テヘペロ。」と少し舌を出して気持ち悪い笑顔を見せながら話す。
 「久しぶりだから確実な方法で時間を掛けず討伐するつもりだったけど、攻撃力自体は強い武器だったからあまり属性は気にしていなかった。」と、持って行っただけで使わなかった強撃ビンを眺めながら話していた。
 今回のミラボレアスは属性こそ間違えていたが、目、角、胸、翼と全て部位破壊して討伐完了。実に見事な完勝であった。
 「黒龍の翼膜の在庫が50個を切っていたから翼破壊できて良かった。これからも部位破壊を狙っていこうと思う。」とバンダナを脱ぎながら話していた。
 次回のクエストはまだ考えていないそうだが、次回も許される限り密着させていただくことにした。
スポンサーサイト
  1. 2013/11/04(月) 15:18:59|
  2. MHF
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

逃げ回ることも時には必要だ!

mhf48.jpg 
 今回も半兵衛氏に密着取材させていただいた。
 今回のクエストでリハビリを一旦終了させるつもりだという。
 対象はグレンゼブル。今まで一回しか尻尾切断に成功していないらしい。
 今回は尻尾切断に意識を集中するということだったが、失敗に終わった。
 初手で突進を受け、意気消沈したのか、連続で攻撃を受け続け、応急薬を飲み続ける失態を犯していた。
 支給BOXにあった応急薬をほとんど飲み干すという残念な結果となってしまった。
 半兵衛氏は討伐終了後に、「今回でリハビリは終えるが、しばらくこういう状況が続くかもしれないね。調子はさほど悪くない。というか、今までの自分に戻った感があるかな?」
 と気丈に振舞っていたが、フォスタの二人からは白い目で見られていた。
 それもそのはず。攻撃のほとんどをフォスタに任せ、半兵衛氏は右往左往していたからだ。
 「今までも、いつも右往左往してたよ。フォスタは文句も言わず良くやってくれている。次回からはもうちょっと考えて行動するようにするよ。」と、フォスタ二人に秘薬を渡そうとしていたが、無視されていた。
 今回の装備は前回と同じで武器だけが雷属性に変わっていた。尻尾の切断にも失敗していたが、角も破壊できずに討伐となってしまった。
 しかし、今までの自分に戻ってきたと話す半兵衛氏からは余裕のようなものが見えた気がした。
 次の狩りも同行させていただく約束をして今回の取材は終了した。
 我々は生暖かく見守ることにした。
  1. 2013/10/26(土) 22:37:13|
  2. MHF
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

部位破壊は確実にこなす!

mhf47.jpg

 今回も半兵衛氏に密着取材をさせていただいた。
 先日と同じくリハビリなのだそうだが、今回はフォスタと共に、リオレイア希少種に挑んだ。
 半兵衛氏曰く、「狩りに行く限りは部位破壊出来るときは破壊する。だが、欲しい素材が出ることはほとんどない。」と、少し落ち込んだように語った。
 ハンターというのは素材を手に入れ、その素材から武器や防具、装飾品を作るのだそうだが、半兵衛氏は元々、【フルモノデビ】装備を愛用していたためか、【リアル災難】というのが付きまとっているようで、いつもなかなか欲しい素材が出ないらしい。
 それでも半兵衛氏は、「出ないからと言ってずっとそのモンスターだけを狩ることはしない。なぜなら二、三回ですぐ飽きるから。それがソロで長くやっていけるコツなのかもしれないね。」と、何かを悟ったように話す。
 半兵衛氏はさらに話しを続ける。「尻尾から出る素材が欲しいときはまだ良い。剥ぎ取れば出るかもしれないからね。一番問題なのは、部位破壊報酬で出る素材。俺は依頼者から嫌われてるだけなのかもしれないな。だからまず貰えないんだ。」と、プーギーが持って来た応急薬を飲みながら話す。
 半兵衛氏は過去に【モノブロスハート】を集めているときにそのほとんどを剥ぎ取りで手に入れていたらしい。
 「尻尾からの剥ぎ取りで素材を手に入れることの喜びを味わうために部位破壊をするし、剥ぎ取りで出るかもしれないから捕獲ではなく討伐する。それが生きがいになったのかもしれない。さらに部位破壊報酬で欲しい素材が貰えたときは鳥肌モノだよ。」と砥石でお手玉をしながら笑顔で話す。
 今回の狩りは前回のクシャルダオラのときとは違い落ち着きがあったように見えた。だがまだ前のような【勘】が働かないのかよく尻尾攻撃や、突進を受けていた。
 スキル、装備品の良さに加え、フォスタが一緒だったとはいえ10分弱で討伐したことは大きい。これからも注目しながら取材を続けたいと思う。

  1. 2013/10/23(水) 23:30:42|
  2. MHF
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心機一転がんばります!

 mhf46.jpg

 本日、仮ではあるが復帰した【無謀な狩人、半泣き】こと半兵衛氏が砂漠でクシャルダオラ相手にリハビリを開始した。
 今回は狩りの姿を捉えるべく密着させていただいた。 
 久々の狩りということもあり、少し緊張したのかブレスを三発も浴び、体力が半分になるトラブルにも巻き込まれたが、角の破壊、尻尾切断を経て、無事、討伐に成功した。
 狩り終了後に半兵衛氏は、「久しぶりに狩りに出たので緊張したが、一番緊張したのは密着取材のほうでした。」と携帯食料を頬張りながら話した。
 今回の武器防具は、武器【コウリュウノタチ】、頭【超絶のピアスⅥ】、他は【ドラゴン】装備で、「活動休止前に作っておいたドラゴン装備で狩りに行けて楽しかった。これからも使っていこうと思う。」と【ドラゴンハイド】の胸を軽く叩きながら少し興奮気味に話した。
 今回の装備でのスキルは、高級耳栓、龍風圧無効、気絶無効、麻痺無効、匠+1、火事場・見切り+2、攻撃大となかなか豊富なスキルで上位クシャルダオラ相手には十分過ぎるほどであった。
 それでも体力が半分になるほどまで攻撃を受けており活動休止前より動きが硬く感じられたが、半兵衛氏は、「ホルクの【お鬼怒】がいいところで回復してくれたおかげでなんとかなった。反省するところはたくさんあるが、もう少しリハビリを重ねて早くミラボレアスなんかも行きたいね。」とにこやかに話した。
 今のところ次のリハビリ相手は決めていないそうだが私たちはこれからも密着して行こうと思っている。



  1. 2013/10/22(火) 18:04:48|
  2. MHF
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
Powered By FC2ブログアフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。